バスク料理センター

バスク料理センター財団はモンドラゴン大学、バスクのシェフ達、公的機関の援助により、2009年に設立されました。

バスク料理センターは世界でも最も重要な美食の殿堂の一つです。ここでは、トレーニングと研究に加えて、年間を通じ、マスタークラスやイベントが開催されています。

バスク料理センターの目的は、高度な専門技術を身に付け、資格を有したプロフェッショナルを育成し、おいしく革新的な料理を提供することです。

また、一流の料理プロフェッショナルとビジネス部門で、研究を行い知識を共有することも促進しています。

食材に関する知識を、直接的、間接的に蓄積し、国際的な名声を勝ち取るのです。

バスク料理センターのもう一つの目的は、ビジネス部門内でのさらなる技術の共有と革新です。新しいビジネスプロジェクトや新たな発想を生み出します。

ジェネラル リサーチ プロジェクト

  • 食事療法の教育と食生活
  • 社会における食の責任
  • 食材の流行
  • 経営改革
  • 関連技術の開発
  • 食材の準備、提供、保存

参加シェフ

詳細情報は公式ページをご覧になるか、(+34) 943 574 500までお電話下さい。

カーサ ニコラーサ ゲストハウスからの行き方

この郊外にある施設へは、バスで行くことができます。ちょうど15分ぐらいで到着します。

お車や公共交通機関、徒歩で行く場合は、最短経路をグーグルマップで確認することができます。

私たちは喜んで道案内をさせていただきます。また、ゲストハウスの玄関までタクシーをお呼びします。

バスク料理センター財団の場所は下記の地図の通りです。